首都圏の住宅地でもハクビシン駆除は行なえます

家

繁殖を防ぐ予防も大事

一軒家

ハクビシン駆除の前に、自分達で予防対策をたてることができます。まずは餌場を作らないことが大事です。田畑の作物を収獲した後は、餌になりそうな作物を残さずに綺麗に掃除しましょう。

詳細へ

効率的な方法で捕獲

作業員

ハクビシン駆除には、どの様な方法が最適か迷うこともあります。一般的には捕獲器を使っておびき寄せる方法や、害獣が嫌う匂いが発生する薬剤を使用して追い払います。専門会社に相談して自宅の構造に合った方法を採用しましょう。

詳細へ

優れた運動能力

男性

ハクビシン駆除を行なうなら、その生態を理解する必要があります。ハクビシンは運動能力に長けており、高い木々をいとも簡単に登ることができます。さらに優れたジャンプ力もあります。

詳細へ

広い行動範囲

ハクビシン

近年、農村地帯以外でもハクビシン駆除の依頼要請があります。ハクビシンは日本全国に生息している害獣になります。ジャコウネコ科の野生動物で体つきはしなやかです。個体差はありますが、尻尾までの長さを含めると1メートル程の大きさになります。運動能力も高い動物になるので、素人が捕獲することは難しいでしょう。

ハクビシン駆除は、専門会社に依頼して調査から捕獲まで行なってもらうことができます。ハクビシンは害獣ですが、特定外来生物に指定されているので勝手に捕獲駆除をすることはできません。その為、専門会社も有資格を保有した会社に依頼すると、安心して作業を任せることができます。追い出しと捕獲、駆除を一貫して行なってくれる会社なら優良と言えるでしょう。

ハクビシン駆除には様々な工程があります。会社によって作業事に費用が発生する場合もあるので、依頼する際にはしっかりと確認を行ないましょう。一括して見積もりを出して欲しい時には、明朗会計で作業費用を公表している会社を選ぶと安心でしょう。安い駆除費用に踊らされることなく、契約内容を把握しましょう。

様々な害獣駆除や害虫駆除に対応している会社であれば、経験も豊富で依頼先に合った方法で作業を行なってくれるでしょう。また、調査や作業をするスタッフも、経験や知識が豊富であることは重要です。駆除と言っても狩猟免許が必要になってきますし、保護法を理解していないといけないからです。