首都圏の住宅地でもハクビシン駆除は行なえます

男の人

繁殖を防ぐ予防も大事

一軒家

害獣であるハクビシンは、田畑の農作物を食い荒らします。ハクビシン駆除や捕獲と共に、予防対策も講じなければなりません。例えば、収獲を終えた田畑では、餌になってしまう様な作物は全て収獲しましょう。野生動物は嗅覚が優れているので、庭先の家庭菜園の作物も見つけてしまいます。カバーや柵でしっかりと囲い侵入を防ぐことも大事です。

我々人間が出す、生ごみもハクビシンの餌になってしまいます。面倒だからと言って、夜中にごみを出すと餌を提供してしまっている様なものです。ごみ出しはルールを守り、臭いの発生を抑えることが大事です。害獣は糖分を好む傾向があるので、缶ジュースの処理もしっかりと行ないましょう。ごみとして出す際には、中までしっかりと洗っておくようにします。

ハクビシン駆除は侵入経路を探し、防ぐことも重要です。高い木を伝って簡単に野外から天井裏に侵入してきます。高さのある木や餌はあらかじめ剪定しておきましょう。落ち葉や不要な農作業用具は片付けておくだけで、ハクビシン駆除の効果を上げます。見通しが良くなれば、身を隠す場所が無いと判断し安易に近寄ってこなくなります。使っていない納屋や倉庫があるなら、定期的に掃除や整理を行ない、補修して侵入を予防しましょう。それでも被害にあった場合には、ハクビシン駆除のプロフェッショナルに依頼しましょう。見積もりの内容によっては、自分で捕獲や処分するよりも安い価格で作業を行なってくれることもあります。